審美インプラントで外観が自然でラインも整い素敵な口元になりました

私は最短で、オペ当日のその日から食事が可能であるインプラントを体験しました。
即日インプラントという言葉を耳にし、時間や余裕があまり取れない私に適していると思ったので施術に踏み切りました。
即日施術は即時荷重法とも言われ、インプラント埋入のその日から白い仮歯の装着までを行えるため、施術を行った日から仮歯が機能し、普段どおりの食事をすることが可能です。
従来の治療法では、埋入手術を行った後、3〜6ヶ月の治療期間に骨とインプラント体が結合するまで待またければなりませんでした。
しかしここ数年、出来るだけ早く患者が快適に噛めるような新しい手術方法として開発され、臨床データも増え、学術的・科学的根拠に基づいた治療方法となり話題を呼んでいます。
暇がない私は、すぐに仮歯を入れる事で、その日の内に美味しい食事ができ、進化した方法に驚きました。
この方法は手術後、わずかな時間で仮歯が入るので、不具合もなく食事ができるので私のように忙しい方には向いています。
なぜその日のうちに噛めるかというと、埋入時に初期固定が得られるため、噛めるということです。
埋入時に、良好な初期固定を得られることにあります。
また、診査診断時に骨質のよいところを選んで埋入し、この初期固定を得ます。
この初期固定が、埋入後のインプラント(チタン)と骨がくっつく作用にとても重要な役割をはたします。
患者のお口の状態である、骨質・骨量・上顎洞などの状態を厳密に診査・診断することによより、即日治療法が可能かどうかがわかります。
その患者にあった治療を選択することが大切です。
状態を見極める技術の高い歯科医は、適切な処置と診断を行ってくれ、患者に最も合った方法で取り組まれるので安心です。
審美を重視した治療は、ただ単に、埋入するのではなく、これからの時代は、いかに見た目を美しく、より本物の歯と同じように見せるか、機能するかがポイントになっています。
私の歯は元々変色し、変色した部分入れ歯を装着していましたが、本物の歯と変わりない今の歯は、自信が持てるようになりました。
口を開けたとき、笑ったときにいかに自然に見えるかなど、美容の観点からもより美しく見せる治療を行われています。
また、1本の欠損の状態は、何本もまとめて治療するよりも、1本を他の歯に合わせ作るのが難しく、歯科技工士さんの技量が大きく関わってきます。
特に前歯は、お口を開けたときに審美的に目立つ箇所なので奥歯よりも難しいとされています。
信頼できる歯科技工士さんと医師が連携し治療を行うので外観も素晴らしく満足できる仕上がりになりました。

Copyright 2014 審美歯科.com All Rights Reserved.